彩都とは

まちづくりの動き|彩都のまちづくり

彩都西部地区は、平成16年春の「まちびらき」から10年経過した平成26年春に4,000世帯、12,000人を超える都市に成長しています。また、平成23年12月には彩都のシンボルゾーンである彩都ライフサイエンスパークを中心とする施設導入エリアが、「関西イノベーション国際戦略総合特区」の中核エリアに指定されるなど、研究開発拠点の形成が進んでいます。加えて、平成27年春には、中部地区の最初の造成が完了予定であり、彩都はますます発展を続けています。

お知らせ

定住魅力にあふれる彩都の暮らしに関心のある方へ定住魅力にあふれる彩都の暮らしに関心のある方へ 新たな研究開発拠点としての彩都に関心のある方へ新たな研究開発拠点としての彩都に関心のある方へ